LIFESTYLE

六本木の青山ブックセンター跡地に入場料のある本屋「文喫」がオープン。 約3万冊の書籍と喫茶室を併設



bunkitsu-roppongi

本を選ぶための時間と場所を提供する、喫茶室を併設した入場料のある新しい本屋「文喫」が12月11日、東京・六本木の青山ブックセンター六本木店跡地にオープン。
人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約3万冊の書籍を販売する。

「文喫」とは、文化を喫する、入場料のある本屋。入場料(1,500円)を支払い入館バッチを受け取れば、好きな席でじっくりと本を選ぶことができる。

店内

店内

本を買うことが日常ではなく非日常になり、文化的な匂いのする場所で時間を費やすことが価値になってきている今。しかし、本と触れ合い、読み耽るひとときの豊かさは、変わっていない。ゆっくりと過ごすことができる空間作りや、本の見立て方に工夫を施すことで、本屋の体験価値を拡充する場所を作れないか。その思いから「文喫」は始まった。

販売する本は、一目見て忘れられなくなるような本、じっくり読み込むことで新しい魅力に気づく本など、読者と本の多様な関係性が生まれることを願って、鮮烈さと誠実さをモットーに一冊一冊丁寧に選ばれる。アート、デザイン、ビジネス、IT、食など、六本木エリアに根差したジャンルが充実。
バックグラウンドとなる人文科学や自然科学、それらを統合するストーリーの源泉となる文学、その他、雑誌、コミック等も含め、約3万冊の本を販売する。また、本のコンシェルジュとして、いつでもスタッフに本にまつわる相談ができる。

事前に連絡をしておくと、テーマやジャンル、本の好みなどの希望に合わせてスタッフが本を選ぶサービスも展開する予定。

閲覧室

閲覧室

bunkitsu-roppongi_4

1階エントランスでは、本にまつわる企画展示を毎月実施。オープンの12月11日から2019年1月31日までは、第1回企画展「雑誌の力」を開催。泊昭雄がクリエイティブディレクターを務めるヴィジュアルマガジン『hinism(ヒニスム)』の10年ぶりの復刊に先立ち、『hinism』を中心に雑誌の持つ多様性と可能性、ジャンルやカテゴリーを越えて見る者に訴えかけてくる価値に改めて目を向ける。同雑誌の0から9号までの過去のアーカイブも展示する。なお、展示室は無料で楽しめる。

bunkitsu-roppongi_5

bunkitsu-roppongi_6

展示室の隣では、約90種類の雑誌を販売。店頭ではあまり出会うことのできないラインアップも交え、企画展とともに本の世界へ浸るための入り口を彩る。

食事からデザートまで様々なメニューがそろう「喫茶室」

食事からデザートまで様々なメニューがそろう「喫茶室」

この他、店内には、あらゆるジャンルの本から、琴線に触れるものや思わず手にしてしまったものなど偶発的な出会いも含め、とことん本との出会いを楽しめる「選書室」、じっくりと本と向き合い、また自分と向き合う時間を楽しめる12席の「閲覧室」、仲間と本について談笑したり、打ち合わせをしたり、あらゆる場面で利用できる「研究室」を配置。本との出会いだけでなく、食事と会話を楽しめる2階奥の「喫茶室」には、看板メニューの牛ほほ肉のハヤシライスの他、食事からデザートまで様々なメニューがそろい、小腹を満たしながら本を傍らに語らうことができる。なお、コーヒーと煎茶はおかわり自由。

本を読む人もそうでない人も、きっと本のことが好きになる、本と出会うための本屋を訪れてみては?

【店舗情報】
文喫 六本木
オープン日:12月11日
住所:東京都港区六本木 6-1-20 六本木電気ビル 1F
営業時間:9:00~23:00(L.O. 22:30)
席数:90席
料金:入場1,500円
不定休

【イベント情報】
第1回企画展「雑誌の力」
会期:12月11日〜2019年1月31日
会場:文喫 1階エントランス 展示室
展示室は無料

[元記事:喫茶室のある本屋「文喫」が六本木にオープン! 約3万冊から新たな1冊との出会いを提供]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. muji-sakaikitahanada 「無印良品 港南台バーズ」が増床リニューアルオープン。関東最大の…
  2. vervecoffee-2 カリフォルニア発「ヴァーヴ コーヒー ロースターズ」が六本木に路…
  3. b8ta-1 シリコンバレー発、次世代体験型ストア「ベータ」が日本初上陸。新宿…
  4. denis-miyashitapark メンズグルーミングブランド、デニスがミヤシタパークに出店。ブリー…
  5. brooksbrothers-aoyama ブルックス ブラザーズ 青山が閉店、41年の歴史に幕。9月には表…
  6. ikeashibuya1 渋谷にイケアが今冬オープン。フォーエバー21の跡地に出店
  7. syokutaku-top ウェルカムグループ横川代表の初著書「食卓の経営塾 ディーン&am…
  8. torayoko-main 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの商業施設が開業。東京の名店が集結「…

新着記事

  1. OAKLEYCU-main
  2. DBOX creates strategy, design and content for the marketing of landmark properties around the globe. From our studios in London, Miami and New York, we work in close collaboration with many of the world's leading developers, investors and architects. Through the careful combination of craft and technology, we generate non-formulaic brands and experiences that are engaging, memorable and effective. A selection of our award-winning work can be seen at: www.dbox.com

DBOX’s work has been recognised by organisations including the Academy of Television Arts 
& Sciences (Emmy® Awards), Communication Arts, The Art Directors Club, World Luxury Award, American Design Awards, and The International Property Awards, and has been exhibited at 
The Museum of Modern Art, The Museum of Contemporary Art in Tokyo, The Art Institute of Chicago and The Museum of Contemporary Art in Los Angeles.
  3. zoffniji-1
  4. Laëtirais-1
  5. PEANUTS©

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP