FASHION

宝島社の企業広告。2020年は長寿高齢化社会、世界情勢、女性が輝く社会をテーマに展開



宝島社は1月7日、恒例となっている企業広告を新聞5紙に同時掲載した。

同社は、商品だけでは伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じて伝えたいという思いで、1998年から企業広告を展開。これまでに広告賞をはじめ、メディアやSNSで大きな話題を集めてきた。

2020年、令和初となる今年は3テーマ5ビジュアルでの展開となった。

読売新聞朝刊・毎日新聞朝刊・日刊ゲンダイに掲載された「長寿先進国の幸福論。」をテーマにした3ビジュアルでは、「サザエさん」に続く長谷川町子の代表作「いじわるばあさん」を使用し、「長寿先進国、おめでとう。」と謳った。2024年には3人に1人が65歳以上になるといわれる、少子・長寿高齢化社会に焦点をあてた内容。ネガティブにとらえられがちな長寿高齢化社会でも、ちょっと視点を変えれば、この時代のとらえかたが変わるのでは、というメッセージが込められているという。

また、朝日新聞の全国版朝刊では、ベルリンの壁の崩壊時の写真を使用したビジュアルに「ハンマーを持て。バカがまた壁をつくっている。」のコピー。私たちを取り巻く世界情勢と、次の世界の価値観について考えるきっかけになればという。

そして、日本経済新聞の全国版朝刊では、「次のジョブズも次のケネディも次のアインシュタインも、きっと、女。」というコピーで、女性が“輝く”社会について訴えた。

関連記事

  1. abc-takarajimasha いま売れている女性ファッション雑誌に「リンネル」「スウィート」。…
  2. takarajima-2019 宝島社が2019年の企業広告「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始ま…
  3. kawakitayusuke-mook1 小嶋陽菜、広瀬すず、有村架純ら手がける人気ヘアメイクアーティスト…
  4. ベッキーを起用。宝島社の企業広告「あたらしい服を、 さがそう。」 ベッキーを起用。宝島社の企業広告「あたらしい服を、 さがそう。」…
  5. 宝島社「死ぬときぐらい好きにさせてよ」、女優 樹木希林が死生観を…
  6. 宝島社「大人のおしゃれ手帖」創刊から1週間で完売、40~50代大…

新着記事

  1. ogawacoffee-17
  2. studior330d-9
  3. vendomeaoyama-20autumn
  4. nolkyoto-1
  5. キーヴィジュアル_20FALL

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP