FASHION

ビームスが公民連携で地域の活性化を目指す「応援村」と連携。「コロナと闘う応援村」も始動



Print

ビームスが5月18日、地方自治体が中心となり、公民連携で地域の活性化を目指すプロジェクト「応援村」「コロナと闘う応援村」と連携することを発表した。

Print

2019年8月に発足した「応援村 OUEN-MURA」は、自治体や企業・団体の公民連携により、各種の社会課題への支援や対応、世界的なスポーツイベントにおける地域コミュニティの活性化を行うプラットフォームとなることを目的としたプロジェクト。今回、ビームスの吉田敦デザイナーが「応援村」のロゴマークを制作。ロゴマークの審査の様子は5月16日のBSフジ「小山薫堂 東京会議」で放映。5月23日にも再放送される。

beams-ouenmura3

また、新型コロナウイルス禍における地域活性化やコミュニティの再生を目的として新たに発足した「コロナと闘う応援村」のオフィシャルTシャツやポロシャツ、またこれらにコーディネートできる手ぬぐいと留め具になる“てぬぐいりんぐ”を「ビームスジャパン(BEAMS JAPAN)」がプロデュース。2020年6月以降、全国応援村実行委員会事務局のユニフォームとなるほか、同事務局により、三重県、渋谷区、浜松市、福岡市、熊本市など「応援村」参画自治体1県1区17市の職員へ販売される。

関連記事

  1. beat-1 軽井沢に滞在型施設「バーク」が開業。表現者・企業・個人へ向けたベ…
  2. dainagoya2-1 ビームス ジャパン「大名古屋展2022」を7月開催。食・文化・芸…
  3. kodomobeamsk-1 「こども ビームス 軽井沢」がオープン。国内2店舗目となる、レー…
  4. beamsinter-1 「インターナショナルギャラリー ビームス」のウィメンズがリニュー…
  5. beamsvr-1 ビームスが「バーチャルマーケット2021」に出店。コラボ商品の展…
  6. fukuwarai-1 ビームスが福島県の魅力を発信するプロジェクト「ふくしまものまっふ…
  7. beamstsuzuku-1 ビームスが服にまつわるサステナビリティを考える「つづく服。の日」…
  8. wearandcheer-1 パラスポーツの魅力を発信「ビームス ジャパンx チーム ビヨンド…

新着記事

  1. pumpkin-1
  2. tiffannyxb
  3. fukuske-chan-1
  4. tds-4
  5. brandnewgate-13

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP