LIFESTYLE

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの商業施設が開業。東京の名店が集結「虎ノ門横丁」や、エリア初スーパーマーケットなど59店舗を展開



torayoko-main

虎ノ門駅ヒルズ駅直結の「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の商業施設が、6月11日に開業した。東京中の名だたる名店26店舗が集結した「虎ノ門横丁」をはじめ、エリア初となる物販フロアやスーパーマーケットなど、全59店舗が集結した新商業施設として誕生する。

torayoko-7

同ビルは、総貸室面積約96,000平方メートルの大規模オフィスと、約7,600平方メートルの商業施設を擁する、地上36階建ての超高層複合タワーだ。東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」や銀座線「虎ノ門駅」とも地下通路で連結し、1階には空港リムジンバスや都心部と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)も発着可能なバスターミナルも設置。環状第2号線が全面開通すれば羽田空港へのアクセスも大幅に向上することから、世界と都心部を繋ぐ新たな「東京の玄関口」として機能するころが期待されている。また、4階には大企業の新規事業創発に特化し、様々な分野のイノベーターが集う、約3,800メートルの大規模インキュベーションセンター「アーチ(ARCH)」を開設。日本独自のイノベーションエコシステムの拠点となることを目指すなどの取り組みも実施。今回の同商業施設の開業にあたり、虎ノ門ヒルズエリアの商業施設は森タワーと合わせて82店舗、面積は約11,300平方メートルへと拡大する。

torayoko-3
torayoko-11

torayoko-13

注目の「虎ノ門横丁」には、「鳥茂」や「エレゾハウス」など、これまで多店舗展開をしてこなかった東京中の名だたる人気店26店舗が集結。本店ではコースのみを提供している店舗の料理もアラカルトで注文が可能となり、様々な店のメニューを少しづつ楽しむことが出来るのが魅力だ。また、料理に加えて、東京の島焼酎と青梅の名水を原料としたクラフトジン蒸留所や、ワインを購入すればBYO(ブリング ユア オウン Bring Your Own)スタイルで、名店の味とお気に入りのお酒をお楽しみいただける「虎ノ門横丁セラー(ハンド ピッキング ワイン HAND PICKING WINE)」も設置。さらに、店舗のラインナップを監修するマッキー牧元氏による「虎ノ門横丁ポップアップ レストラン」にも期間限定で様々な話題店が登場する予定となっている。

また、コミュニケーションアプリ「ライン(LINE)」による入場制限時の整理券発行機能、持ち帰りメニューのモバイルオーダー機能、入店の順番待ち機能を活用。横丁内の混雑回避を図り、安全性を高めながら食事を楽しめる環境整備を徹底。施設内人数が一定以上に達した際のアラート発信や、ソーシャルディスタンスに配慮した座席配置など、安全策を講じていく。

torayoko-14
地下1階から地上3階と4階の一部には、飲食から物販、 サービスまで、計33店舗のエリア初となる物販フロアやスーパーマーケットを展開。地下1階には、毎日の健康と美味しさを提供する、エリア初のスーパーマーケット「福島屋」と、日常使いでカジュアルに楽しめる飲食店など9店舗を展開。1階には、和菓子、スイーツ、ワインなど、ビジネスシーンに不可欠な手土産を同施設らしくアレンジした手土産をセレクトした食物販を展開する他、ジョエル・ロブションのカフェ&ブティックの新業態「ル カフェ ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(LE CAFÉ LA BOUTIQUE de Joël Robuchon)」など9店舗が登場。手土産としてはもちろん、自宅でも楽しめる贅沢な逸品が揃う。

2階には、ワークショップイベントや書籍のセレクトで話題の「SPBS トラノモン(SPBS TORANOMON)」や、ファミリーマートとアーバンリサーチの新業態「アーバン・ファミマ!!」など、多様なニーズに応える8店舗を集積した、エリア初となる物販フロアが誕生。さらに3階には、「虎ノ門横丁」に加えて、本格的なシュラスコ料理を楽しめる「バルバッコア」など、レストラン6店舗がオープン。オフィスワーカーや地域住民の衣食住をサポートするとともに、これまでにない新しい食やショッピングの楽しみ方を提案していく。

同施設含む森ビル運営の施設では、独自の感染防止に向けた取り組みを実施。利用者にはソーシャルディスタンスの確保、マスク着用、消毒・手洗いの協力を仰ぐ他、施設側でもエレベーターの乗車ルール、検温実施、清掃・消毒の徹底、換気、スタッフの検温・体調管理に加え、コンタクトレス会計、コイントレイ設置し、安全対策を講じていく。

torayoko-16 torayoko-15

なお、同施設は今後、現在建設中の「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(来年1月竣工予定)、東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」と一体開発する「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(2023年7月竣工予定)が加わることで、区域面積7.5ヘクタール、延床面積80万平方メートルに拡大していく予定だ。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
所在地 :港区虎ノ門一丁目17番1号
開業日:2020年6月11日(木)
店舗数:59店舗(物販7店、食物販6店、飲食46店)
施設面積:約7,600㎡
営業時間:物販 11:00~20:00
営業時間:食物販 10:30~19:30
営業時間:飲食(虎ノ門横丁含む) 11:00~22:00
※店舗・曜日により異なる
デザイナー:商業施設インテリアデザイン 片山 正通(ワンダーウォール代表)
「虎ノ門横丁」インテリアデザイン 谷尻 誠、吉田 愛(SUPPOSE DESIGN OFFICE)
プロデューサー :「虎ノ門横丁」全体プロデュース 横川 正紀(ウェルカム代表取締役)「虎ノ門横丁」店舗監修 マッキー牧元(タベアルキスト)

関連記事

  1. brooksbrothers-aoyama ブルックス ブラザーズ 青山が閉店、41年の歴史に幕。9月には表…
  2. ikeashibuya1 渋谷にイケアが今冬オープン。フォーエバー21の跡地に出店
  3. iac-thecoop-top ファッション業界の気鋭クリエイターが集結した協会「IAC」設立。…
  4. rakuten-muji 無印良品が、楽天市場に初出店。衣服や生活雑貨約200品目を販売ス…
  5. ele-naturalbeauty-daimarutokyo エレ ナチュラルビューティー、大丸東京に2号店オープン。大人の女…
  6. weber-popbyjun 行列ができるノマドな古着屋ウェーバーが、特設サイトで「大Tシャツ…
  7. deliveryhaircut_1 日本初!?迎えに来るヘアサロン“デリバリーヘアカット”、赤坂と南…
  8. re-tack_2 モデル岩崎拓馬がディレクション、新コンセプトレーベル「レタック(…

新着記事

  1. coronatravel-1
  2. gapmask-2
  3. diormakemask-1
  4. dior-stussy
  5. mashkeepsmile-1

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP