LIFESTYLE

新ブティック「シャネル ビューティ ハウス 」が表参道にオープン。最新技術を駆使した体験ツールで新たな美を探求



©CHANEL

「シャネル(CHANEL)」が、フレグランス&ビューティの新たな発信地として「シャネル ビューティ ハウス(CHANEL BEAUTY HOUSE AT TOKYO)」を出店。東京・表参道に4月1日にオープンする。

ブランドの美のヴィジョンを体現する新たな発信地として誕生する同店は、ブランドストーリーをどこまでも自由に語りたいという願いのもとデザイン。2階建てのフロア構成で、延床面積150㎡を超える直営店となる。店内には、トレンドを創り出す最新のクリエイションからブランドのアイコンともいえるタイムレスな魅力を放つアイテムまであらゆる製品が揃っており、日々進化を続けるシャネル フレグランス&ビューティの現在、そして未来を体感できる場所となっている。クリエイティビティを解き放ち、自らの信じる道を進み続けたガブリエル シャネルのように、自由な自己表現を可能とする空間に仕上がった。

さらに、デジタルとフィジカル双方のサービスを融合し、新たな次元のブランド体験を提供。同ブランドが誇る鮮やかな発色、心を満たす香り、肌にのせた瞬間にとけこむようなテクスチャーなど、五感を使って製品を存分に体験しながら、自分らしいルックを見つけ、新しいビューティ ルーティーンを発見できる良い機会となっている。

1階には、メークアップをヴァーチャルに体験できるシャネル トライ オン(CHANEL TRY ON)やタッチアップの様子を動画として保存できるビューティ レコーディングス(BEAUTY RECORDINGS)など、最新技術を駆使したツールを展開。ここでは、フレグランス、メークアップ、スキンケア製品を自由に体験可能。また、特別なトレーニングを受けたエキスパートによる15~60分のセッションを含む、ニーズに応じた8種のビューティ エクスペリエンスも楽しめる。事前予約や整理券の発行は同店専用のユーザーアプリを通して行う他、店舗で紹介した製品の情報はLINEで受信可能、そのままシャネル オンライン ブティックで購入可能となる。

©CHANEL

©CHANEL

2階のポップイン スペースには、ブランドの世界観に全身で浸れるインスタレーションを展開。コンセプトは定期的に入れ替わり、テーマに合わせて外観も変化する。第1弾のテーマは「エフォートレス ビューティー(EFFORTLESS BEAUTY)」となり、パステルカラーで統一されたアクティブな世界を表現するコンセプトが魅力だ。

「シャネル ビューティ ハウス(CHANEL BEAUTY HOUSE AT TOKYO)」
住所:東京都渋谷区神宮前5-12-1
営業時間:12:00-20:00(不定休)
TEL:0120-692-195 (オープン前のお問い合わせ:シャネル カスタマーケア 0120-525-519)

©CHANEL

関連記事

  1. btt-12 書籍「ザ・ビューティ・オブ・タイムトラベル」オフィシーヌ・ユニヴ…
  2. bal2210-7 「京都バル」1階フロアを大規模リニューアル。京都エリア初出店の「…
  3. sm22aw-3 「SHISEIDO MEN」2022 秋冬キャンペーンに、 SI…
  4. cinque-4 ウェルネスブランド「サンク」が公式サイトをオープン。サステナブル…
  5. dentalf-2 オフィシーヌ·ユニヴェルセル·ビュリーからフロスディスペンサーが…
  6. Colekt-1 スウェーデン発「コレクト」が、日本公式サイトをローンチ。「アク…
  7. gomato16 ごま油の「かどや製油」による初のカフェ「ゴマト(goma to)…
  8. cc22-4 シャネル「チャンス オー タンドゥル」バス&ボディ製品が…

新着記事

  1. pumpkin-1
  2. tiffannyxb
  3. fukuske-chan-1
  4. tds-4
  5. brandnewgate-13

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP