LIFESTYLE

「アクタス x パナソニック x 深澤直人」共創プロジェクトが始動。新キッチンブランド「カレサ」がデビュー



caresa-1

「アクタス(ACTUS)」が、パナソニックとプロダクトデザイナーの深澤直人氏との共創プロジェクトにより、新キッチンブランド「カレサ(Caresa)」をローンチ。6月2日より、新宿店2階に新しく登場するキッチンショールームにて展開を開始する。

同ブランドは、生活空間の質を高めることをコンセプトに、深澤氏をデザイナーに起用。パナソニックが企画・製造を担い、同社が販売と施工を行う共創プロジェクトとなる。ブランド名は、現代社会において、家(Casa)の中に、素顔に戻れたり、じぶんを癒せる(Careできる)場所を提供したいという想いを込めて由来。天然の水晶から作られたクォーツストーンを、ワークトップとフロントに用いた彫刻のような佇まいのキッチンは、強度、耐水性、防汚性に優れ、他主要部材であるウォールナット材またはオーク材とともに家具を選ぶような感覚で素材の組み合わせが選べるのが特徴だ。「キッチン=住宅設備」という既成概念を取り払い、インテリアの一部としての提案を行っていく。

caresa-5

デザインの特徴となるのは、ひとつの「塊」として極限まで要素を削ぎ落した、純真無垢なフォルム。空間に凛とした空気を生む、素材をいかした佇まいで、扉は、石や木の柄がつながることで「面」としての美しさを醸成。隅やフチは端正に納め、機器もキッチンに溶け込むようにビルトイン設計された。

収納は、暮らしに溶け込んだ家具のように使いやすく、調理道具を美しく整理できるよう設計。クォーツストーンの作業スペースの一段下がったシンク脇デッキ部は水が広がらず快適で、使い終わったら蓋を閉めて存在感を消せるシンクアクセサリーもリセット感を醸成している。

素材は、クォーツストーンや木目が美しい天然木の突板など、自然を感じられるものを厳選。質感や肌触りは使うほどに味わいが増し、家具のような愛着が育っていくのも魅力だ。

caresa-2

カウンタートップ素材がクォーツストーンのアイランド背面パネルタイプの価格は、約430万円(税込)〜。なお、施工費・機器は別途となる。

「アクタス・新宿店」店舗概要
住所:東京都新宿区新宿2-19-1 BYGSビル1・2F
※キッチンショールームのオープンは6/2(木)
営業時間:11:00–19:00
TEL:03-3350-6012(アクタス・レジデンス営業部)

関連記事

  1. mindo-2 アクタスが、デンマーク発ファニチャーブランド「ミンド」の取り扱い…
  2. トレードイン アクタスが、家具の下取り保証販売 「アクタス ・ トレードイン…
  3. actusschool-1 アクタスが、オリジナルランドセル2022年度モデルを発売。グレー…
  4. actushow-2 アクタスが定額制リノベーションサービス「ハウ パッケージ プラン…
  5. actustayhome-4 アクタスが「ステイホーム中に、ものすごく売れたモノ」を公開。イ…
  6. landnorm-5 ヘリーハンセンとアクタスがコラボ「ランドノーム」がローンチ。北欧…
  7. actus-hibito アクタスから“日用品をより美しく”するテーブルウェア登場。デンマ…
  8. actuskichijoji1 武蔵野エリアに初出店「アクタス 吉祥寺店」が7月オープン。コペン…

新着記事

  1. tiffannyxb
  2. fukuske-chan-1
  3. tds-4
  4. brandnewgate-13
  5. KURKKU-5

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP