LIFESTYLE

ビームス ジャパン「大名古屋展2022」を7月開催。食・文化・芸術の視点から名古屋の魅力を発信



dainagoya2-1

日本の魅力を発信するビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)が、名古屋・愛知の人々に愛される10の企業や団体、スポーツチームとのコラボレーションプロジェクト「大名古屋展 2022」を、7月15日よりビームス ジャパン3店舗や、ビームス 名古屋で開催する。

3回目となる今回は、名古屋・愛知の知られざる魅力の1つである「芸どころ」としての文化や芸能にも着目。地元の方々に愛される10の企業や団体、スポーツチームと共に、様々なコラボ企画や商品を通して、名古屋・愛知の魅力を発信。注目は、「芸どころ」名古屋の象徴の1つである名古屋能楽堂での発表会や、日本を代表するプロ・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団金管五重奏が「大名古屋展のテーマ曲」を演奏。また、名古屋グランパス主催イベント「鯱の大祭典」と連動し、名古屋グランパスの選手が着用するユニフォームのデザイン制作を担当。コラボ商品に関しては、6月6日より同社公式オンラインにて商品予約受付を開始。その後、実施各店舗でも7月に全商品を販売予定となっている。

「なごやだいすき」グランパスくん×ドアラTシャツ ¥4,950(税込)、キッズ ¥3,850(税込)

「なごやだいすき」グランパスくん×ドアラTシャツ ¥4,950(税込)、キッズ ¥3,850(税込)

名古屋グランパスエイト×中日新聞社とのトリプルコラボでは、グランパスくんとドアラの名古屋を代表する大人気キャラクターの2人が、金鯱姿のスペシャル衣装を身にまとい、手を取り合うデザインのTシャツを発売。バックには、名古屋市とランス市が姉妹都市提携5周年である事を記念して、フランス語で「なごやだいすき」とプリントした。

名古屋グランパスとのコラボでは、Jリーグスタート当時の1995年シーズンのユニフォームをもとにアレンジしたTシャツを展開。左胸のエンブレムは当時のデザインのままで。バックプリントには名古屋グランパスエイトの8をプリント。なお、名古屋グランパスウェブサイト・ショップでも6月28日より予約を開始する。「鯱の大祭典」記念ユニフォームは、名古屋グランパスが初めてのタイトルを獲得した1995シーズンの天皇杯優勝ユニフォームのデザインをアップデート。スプラッシュ柄をメインにホワイトのピンストライプをプラスし、当時のオールドスクールの雰囲気を再現した。名古屋グランパスが30周年を迎えるお祭りの華やかさをアクセントカラーのゴールドで表現しているのが特徴だ。※ビームスでの販売は無

dainagoya2-7

愛知トヨタとのコラボでは、名古屋のドライビングマップ「クルマで行くBEAMS的ナゴヤの巡り方」を製作し「愛知トヨタ特設サイト」にて公開。名古屋にゆかりがあるビームススタッフ2名が、地元の名店やインスタ映えスポット、動物園等、知られざる名古屋の魅力を紹介する内容となっている。

あいやとのコラボでは、「愛知県産桃と抹茶のパフェ」のメニュー監修とビジュアルを開発。愛知県産の旬の桃をまるごと1つ使用した贅沢なパフェの桃と抹茶という意外な組み合わせが特徴で、ゼリーやカスタード、抹茶アイスにはオーガニック抹茶を使用。パフェを彩る各アイテムで抹茶の種類を使い分け、抹茶の風味をしっかりと感じられるのが魅力だ。西条園抹茶カフェ(グローバルゲート店・則武新町店・ラシック店)のみで、7月1日から8月31日の期間、個数限定で展開する。うなぎ四代目菊川とのコラボでは、「ニューひつまぶし」メニューと食器を監修。名古屋名物「ひつまぶし」を食べ方がわからない人に向け、新しい食べ方を提案。器は、可愛らしい信楽焼の器が3種類あり、はじめから3つに分けて食べることが可能。同プロジェクトが器を監修し、トレーは青森県のBUNACO、「ひつまぶし」の器は信楽焼、蓋は石川県、しゃもじは広島県の宮島、飯碗・さじ・汁椀は福井県の越前漆器、小皿は美濃焼と日本各地の名産品を集めた新しい提案となっている。うなぎ四代目菊川(東京駅黒堀横丁店・横浜ベイクオーター店・名古屋グローバルゲート店・京都駅キューブ店)にて、7月11日より展開する。

クロスプラスとのコラボでは、Z世代デザイナ−が開発したご当地キャラクター“手前みそちゃん”のグッズを展開。Tシャツには、これからモーニングに向かうであろう手前みそちゃんの仲間達をプリントし、「手前みそだけど名古屋しか勝たん」みそちゃんの口癖もポイントとなっている。キラキラオーガンジーの味噌カラーのシュシュのパッケージは味噌パックをイメージ。キュートでユニークな見た目にも注目だ。
dainagoya2-12

杉本食肉産業とのコラボでは、同社監修による名古屋と和牛とスギモトの歴史を紐解いたリーフレットを公開。「牛鍋セット」購入者へのプレゼントや、店頭での配布を実施。「牛鍋セット」は、6月6日より、すき焼き・しゃぶしゃぶスギモト本店にて先行発売中。その後、7月15日より、同プロジェクト展開店舗、すき焼き・しゃぶしゃぶスギモト本店にてオーダーを開始する。

dainagoya2-13

東海ラジオ放送とのコラボでは、同社スタッフが地元の魅力を発信する特別番組「ビームス 大名古屋ラジオ(BEAMS DAINAGOYA RADIO)」の出張放送を、同イベントの会場から実施。7月15日、22日、29日、8月5日の日程で、各回15時31分〜約10分を予定。

マルチラップ ¥3,080(税込)

マルチラップ ¥3,080(税込)

豊田合成とのコラボでは、自動車のエアバッグとして搭載されるはずだった未使用の生地を使ったマルチラップを展開、撥水性のある生地のためレジャーシートとして使用したり、急に雨が降った際に被せたり、スナップ部分を使って身体に巻き付けることも可能でマルチに活躍。どんな時でも皆で力を合わせようという意味を込めて、円陣を組んでいるドアラがデザインされた。

ホシザキとのコラボでは、暑い夏にぴったりのアイテムを展開。背面に取り付けられたポケットには保冷剤が入れられる仕様のTシャツや、凍らせても硬くならない3次元構造の保冷剤、石塚硝子のガラスコップに、ホシザキのロゴマークにも使用されている「ペンギン」をデザインした特別仕様のグラスが完成した。

ドアラ・中日新聞配達Tシャツ ¥4,950(税込)キッズ ¥3,850(税込)

ドアラ・中日新聞配達Tシャツ ¥4,950(税込)キッズ ¥3,850(税込)

中日新聞社とのコラボでは、新聞配達員への感謝と敬意を表したドアラのTシャツを展開。なお、中日新聞ドラゴンズショップでも7月15日より販売する。

「実施期間・展開店舗」
・ビームス 名古屋(名古屋ラシック1階)
期間:2022年7月15日(金)〜8月7日(日)予定
住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシック 1階 イベントスペース
TEL:052-265-2610
・ビームス ジャパン(新宿)
期間:2022年7月15日(金)〜8月16日(火)予定
※新宿のみ7月14日プレオープン予定
住所:東京都新宿区新宿3-32-6
TEL:03-5368-7300
・ビームス ジャパン 渋谷
期間:2022年7月15日(金)〜8月16日(火)予定
住所:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ 2F
TEL:03-5422-3974
・ビームス ジャパン 京都
期間:2022年7月15日(金)〜8月16日(火)予定
住所:京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館 1F
TEL:075-708-6848

関連記事

  1. kodomobeamsk-1 「こども ビームス 軽井沢」がオープン。国内2店舗目となる、レー…
  2. beamsinter-1 「インターナショナルギャラリー ビームス」のウィメンズがリニュー…
  3. beamsvr-1 ビームスが「バーチャルマーケット2021」に出店。コラボ商品の展…
  4. fukuwarai-1 ビームスが福島県の魅力を発信するプロジェクト「ふくしまものまっふ…
  5. beamstsuzuku-1 ビームスが服にまつわるサステナビリティを考える「つづく服。の日」…
  6. wearandcheer-1 パラスポーツの魅力を発信「ビームス ジャパンx チーム ビヨンド…
  7. vsento-1 ビームスがバーチャルマーケット6に「銭湯のススメ。」を出店。ヤマ…
  8. kodomobeamsph-1 ビームス初のフォトスタジオ業態「こどもビームス写真館 軽井沢」が…

新着記事

  1. cinque-4
  2. dentalf-2
  3. lelaboparco-1
  4. KAPOKKNOT-main
  5. elle8-main

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP