FASHION

ジルサンダーが、京都BALに初出店。京都紋付とコラボレーションした「7デイズ シャツ」を限定発売



jilsander-kyotobal01

「ジル サンダー(JIL SANDER)」が5月27日、関西最大規模で京都エリア初となる新店を京都BALにオープン。

同店は、コレクションラインをはじめ、「ジル サンダープラス(JIL SANDER+)」バッグ、アクセサリー、そしてクリエイティブディレクターのルーシー & ルーク・メイヤー(Lucie&Luke Meier)がアーティストや写真家とコラボレー トし毎シーズン企画・出版する写真集など含む全てのコレクションが揃う。さらに、同店舗限定商品として、黒染めし た「7デイズ シャツ(7DAYS SHIRT)」シリーズも並ぶ。

ピュアで幾何学的、光に満ちた店内は、自然を感じさせる要素が散りばめられ、建築と内装は日本とヨーロッパのモダニズムを、ジル サンダーの感性と精度で融合し表現。柱やハンガーラックには木材を使用し、天井も木で組まれ、壁の一部は漆喰で仕上げられ、長屋を思わせる空間に。地域の伝統的な様式を明確に表している。 対照的に、床と壁、ベンチやディスプレイ棚は、北欧などで使用されている岩石、トラバーチンで作られている。

jilsander-kyotobal05

このプロジェクトを指揮したルーシー&ルーク・メイヤーは「私たちは、意識的に、しかし衝動的に、異なる文化や伝統、地理、世代からの要素を組み合わせ、非常に 個人的なものにつくりかえている。そして、京都や日本の文化は、その中で重要な役割を担っているのである。京都のような心に響く都市で、アイディアや感情を解釈することは、個人的にも創作活動においても、とても幸せな気持ちにしてくれる」とコメント。

jilsander-kyotobal04

オープンを記念し、1700年代創業の松栄堂と協業し、京都初上陸に合わせて木箱入りの匂い袋を共同制作。アイコン「タングル」バッグシリーズにインスパイアされた組ひもが特徴となる。
5万円(税抜)以上の購入者に限定配布をする。 さらに、特別なラッピングも用意。アクセサリーとスモールレザーグッズ購入すると、印染工房スギシタと制作したオリジナルの風呂敷で包まれる。漆黒の色味でブランドロゴを染めた限定ラッピングとなる。

問い合わせ先/ジル サンダー 京都BAL 075-744-1132

関連記事

  1. ommo 荻原桃子が新アパレルブランド「OMMO」をスタート
  2. nikekyoto2 ナイキ、京都に最新のコンセプトストア「NIKE KYOTO」をオ…
  3. jskiosk 京都バル、コンセプトストア兼カフェ「ジル サンダー キオスク…
  4. main 有機・無添加の「ビーマイフローラ・キッチン」が4月12日、表参道…
  5. balest-1 京都バル、「エストネーション」編集による期間限定ポップアップスト…
  6. Nike_By_Kobe-1 ナイキのコンセプトストア「Nike By Kobe」が神戸・三宮…
  7. bal2210-7 「京都バル」1階フロアを大規模リニューアル。京都エリア初出店の「…
  8. gomato16 ごま油の「かどや製油」による初のカフェ「ゴマト(goma to)…

新着記事

  1. samsonitebiz23aw_top
  2. sorry
  3. takahashijun-shozouga
  4. nochino6
  5. apc-underground-limitedtee_1

FEATURE – 特集

  1. samsonitebiz23aw_top
  2. nochino6
  3. samsonitebiz23ss_t
  4. main
  5. moments

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP