FASHION

ビームス40周年で東京カルチャーを振り返るプロジェクト始動。森高千里ら豪華アーティスト競演で名曲「今夜はブギー・バック」をカバー。



ビームスが創業40周年を記念したプロジェクト「TOKYO CULTURE STORY」を始動。その第1弾として、ミュージックビデオ「TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)」を公開した。

映像では、1994年に小沢健二とスチャダラパーによってリリースされた名曲「今夜はブギー・バック(smooth rap)」を17組の豪華アーティストがカバー。1970年代の南佳孝からはじまり、80年代には森高千里、90年代にはピチカート・ファイヴの野宮真貴、2000年代にはHUSKING BEE、クラムボン、初音ミク、そして、2010年代としてのSuchmosのYONCEらが参加。各時代を代表するアーティスト本人が出演し、メドレーで歌い繋ぐという圧巻の映像に仕上がっている。

beams40thpj2

「TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)」には総勢17組・計27名のアーティストが参加

 

また、それだけではない。なんと、カバーミックスとともにヘヴィーデューティ、カラス族、渋カジ、アムラー、ノームコアなど、各年代を象徴するファッションスタイルを1年ごとに紹介。全体のスタイリングディレクションを手掛けた島津由行をはじめ、伏見京子、井嶋一雄、木俣歩、二村毅、管沼詩乃、高橋ラムダ、遠藤彩香ら各年代を代表するスタイリスト陣が、当時の貴重なコレクションの数々を掘り起こして時代性を表現している。衣装点数は各年代合わせて350点以上になるという。

beams40thpj3

1976年から2016年まで。東京のストリートを彩った、82のスタイルを紹介

beams40thpjlogo

なお、10月31日には、ビームス創業から今日での40年にわたる東京カルチャーの変遷を一冊にまとめたムック本も発売される。

ビームスが牽引してきたファッションとカルチャーの40年。ビームスに関わるスタッフやクリエイターがそれを彩ってきた40年。その全ての軌跡を振り返ることで、次代のファッションとカルチャーをハッピーな未来へと誘う、新プロジェクトが幕開けした。

公式サイト

関連記事

  1. beams-ise ビームスが伊勢の魅力を発信するイベント「BEAMS EYE on…
  2. rimowaxoffwhite_1 120周年「リモワ」が透明のキャリーケース発表。オフ-ホワイトと…
  3. gordon-matta-clark-beams ビームス、アジア初「ゴードン・マッタ=クラーク展」とコラ…
  4. freemanssportingclub-5th フリーマンズ スポーティング クラブが上陸から5周年。1日限定フ…
  5. beams-fukushimamonomap-04 ビームスが福島県の魅力を発信するプロジェクト「ふくしまものまっふ…
  6. soniarykiel50th_1 ソニア リキエル50周年を祝うアニバーサリーコレクション。革新的…
  7. iichiko-beamsjapan いいちこ × ビームス ジャパン、永井博描き下ろし“新宿のナポレ…
  8. reebokclassic-haveagoodtime リーボック クラシックが中目黒「have a good time…

新着記事

  1. banan-hawaii_1
  2. vendome-18autumn
  3. monclergenius-craiggreen
  4. hiranonora-synchrobra
  5. alvaraalto-momakanagawa

FEATURE – 特集

  1. stressless-hoshino
  2. shibuyabridge-outline
  3. shibuyastream-outline
  4. ekornes-torigoe-itop
  5. omo5-tokyootsuka-top

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-024
  2. vintage-meet-023_top
  3. vintagemeet022_1
PAGE TOP