LIFESTYLE

横浜に屋内キッズテーマパーク「プチュウ」が開業。遊びながら学べる宇宙をテーマにしたカラフルポップな空間を小橋賢児がプロデュース



puchu-1

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」4階に、新時代の子どものための屋内キッズテーマパーク「プチュウ(PuChu!)」をオープンした。

アカツキライブエンターテインメントが手がける同施設は、「夢中になれる遊びの中にこそ、豊かな学びがあふれている」をコンセプトに、新しい時代を生きていく子どもたちに必須の「センス」、「感性」、「知性」の3つを、遊びながら自然と学んでいけるようにデザイン・設計されている。

puchu-4 puchu-5 puchu-6

宇宙をイメージした空間は、一流のクリエイターやアーティスト達によって手掛けられている。テーマの異なるカラフルな7つの星と5つのゾーンの計12個のプレイエリアで構成されており、キッズディスコやハート型のブランコやシーソー、デジタルキャンパス、絵本スペースなどがラインナップ。子どもたちが宇宙を旅する冒険家となり、旅するように自由に、好奇心のおもむくままに夢中で遊べるプレイエリアとなっている。

puchu-7 puchu-8 puchu-9 puchu-10

また、科学・技術・工学・アート・数学・スポーツを横断する学びであるスティーム教育論などを取り入れて、あそびとまなびの専門家である一般社団法人フォロー ユア  ミューズ(follow your MUSE)の監修のもと設計されたプレイエリアは、五感を刺激しながら「体」、「頭」、「心」を使う遊びができるように構成されている。

その他、共同プロデューサーに迎えたのは、元俳優で「ULTRA JAPAN」などのクリエイティブ・ディレクターを務めた小橋賢児。世界で活躍するクリエイターやアーティストが細部までこだわって作ったパークデザインは、子どもだけでなく大人も楽しめ、センスが磨かれるような空間となっている。

入場に関しては、公式サイトでの事前予約の他、当日入場パスの店頭販売が開始された。90分間の時間制限のある時間制パスと、当日であれば何度でも入退場できる平日フリーパスの2種類が登場。尚、フリーパスの発行は平日限定で、土日祝日の利用はウェブ予約のみとなっている。

プチュウ(PuChu!)
所在地:神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル4F
営業時間:10:00~19:30(最終入場受付 18:00)
定休日:不定休
対象年齢:0〜12歳(推奨年齢0〜8歳)
利用料金:90分パス おとな1,000円(平日)、1,500円(土日祝)/こども2,000円(平日)、2,500円(土日祝)
平日フリーパス:おとな 1,000円/こども2,500円
※6ヶ月未満のこどもは入場無料

関連記事

  1. totekomazawa-1 駒沢公園に隣接した新複合施設「トート 駒沢公園」が 開業。カフェ…
  2. banksy-top 「バンクシー展 天才か反逆者か」が日本初上陸。過去最大級規模の作…
  3. メインビジュアル 井川遥ディレクション「ヘルト」、「ロワン」がストライプデパートメ…
  4. senrogai-12 下北沢に温泉旅館が開業へ。小田急線路跡地のまちづくり「下北線路街…
  5. Pho ハワイ発モダンベトナムレストラン「ザ ピッグ アンド サ…
  6. uminohotel-5 葉山・森戸海岸にライフスタイルホテル「葉山うみのホテル」が開業。…
  7. shibuyascr-8 渋谷駅直結の新ランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」が11月1…
  8. parco-21 新生「渋谷パルコ」が11月下旬グランドオープン。約180の個性豊…

新着記事

  1. totekomazawa-1
  2. patagoniagift-1
  3. morihiko-main
  4. Christian Tortu, fleuriste
  5. koki-kimuratakuya-birthday-top

FEATURE – 特集

  1. stressless-wine
  2. shibuya-scramble-square
  3. stressless-museum
  4. jpressandsons-aoyama
  5. knapford

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP