LIFESTYLE

横浜に屋内キッズテーマパーク「プチュウ」が開業。遊びながら学べる宇宙をテーマにしたカラフルポップな空間を小橋賢児がプロデュース



puchu-1

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」4階に、新時代の子どものための屋内キッズテーマパーク「プチュウ(PuChu!)」をオープンした。

アカツキライブエンターテインメントが手がける同施設は、「夢中になれる遊びの中にこそ、豊かな学びがあふれている」をコンセプトに、新しい時代を生きていく子どもたちに必須の「センス」、「感性」、「知性」の3つを、遊びながら自然と学んでいけるようにデザイン・設計されている。

puchu-4 puchu-5 puchu-6

宇宙をイメージした空間は、一流のクリエイターやアーティスト達によって手掛けられている。テーマの異なるカラフルな7つの星と5つのゾーンの計12個のプレイエリアで構成されており、キッズディスコやハート型のブランコやシーソー、デジタルキャンパス、絵本スペースなどがラインナップ。子どもたちが宇宙を旅する冒険家となり、旅するように自由に、好奇心のおもむくままに夢中で遊べるプレイエリアとなっている。

puchu-7 puchu-8 puchu-9 puchu-10

また、科学・技術・工学・アート・数学・スポーツを横断する学びであるスティーム教育論などを取り入れて、あそびとまなびの専門家である一般社団法人フォロー ユア  ミューズ(follow your MUSE)の監修のもと設計されたプレイエリアは、五感を刺激しながら「体」、「頭」、「心」を使う遊びができるように構成されている。

その他、共同プロデューサーに迎えたのは、元俳優で「ULTRA JAPAN」などのクリエイティブ・ディレクターを務めた小橋賢児。世界で活躍するクリエイターやアーティストが細部までこだわって作ったパークデザインは、子どもだけでなく大人も楽しめ、センスが磨かれるような空間となっている。

入場に関しては、公式サイトでの事前予約の他、当日入場パスの店頭販売が開始された。90分間の時間制限のある時間制パスと、当日であれば何度でも入退場できる平日フリーパスの2種類が登場。尚、フリーパスの発行は平日限定で、土日祝日の利用はウェブ予約のみとなっている。

プチュウ(PuChu!)
所在地:神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル4F
営業時間:10:00~19:30(最終入場受付 18:00)
定休日:不定休
対象年齢:0〜12歳(推奨年齢0〜8歳)
利用料金:90分パス おとな1,000円(平日)、1,500円(土日祝)/こども2,000円(平日)、2,500円(土日祝)
平日フリーパス:おとな 1,000円/こども2,500円
※6ヶ月未満のこどもは入場無料

関連記事

  1. maxmara-1 「マックスマーラ」表参道店オープンイベントに、泉里香、大政絢、谷…
  2. enfold-main 「エンフォルド」海外初の単独店舗を韓国・江南にオープン。円柱をコ…
  3. lelaboparco-1 「ル ラボ」都内4店舗目の直営店が、渋谷パルコにオープン。ラベ…
  4. theupper-4 トランジットのフラッグシップレストラン「アッパー」が本格始動…
  5. dancyusyokudo-1 雑誌「dancyu」初プロデュースの食堂が、東京駅内にオープン。…
  6. tnfs-10 新フラッグシップストア「ザ・ノース・フェイス スフィア」が神宮前…
  7. DgsPhytreat-2 コンセプトドラッグストア「フィトリート」が神宮前にオープン。植物…
  8. paradise-3 コンセプトは”極楽浄土”「お風呂とサウナ PARADISE」が港…

新着記事

  1. ONEJILL_PR_221130
  2. amanxmas-1
  3. apcgolf-1
  4. andb-main
  5. lvkusama-1

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP