CULTURE

アン・ハサウェイ主演「魔女がいっぱい」が12月公開。金髪赤リップで60年代レトロモダンなファッションを披露



THE WITCHES

12月4日公開の映画、アン・ハサウェイ主演、ロアルド・ダール作、ロバート・ゼメキス監督作「魔女がいっぱい」の詳細が発表された。

同作は、「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールのもうひとつの人気作を、 アン・ハサウェイ主演で豪華実写映画化。さらに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など夢と感動の作品で世界中を希望に包むロバート・ゼメキスが監督を務めるという奇跡のコラボレーションが実現した。

WITCHES-21801.dng

アン・ハサウェイが本作で演じているのは恐ろしくも美しい大魔女グランド・ウィッチ。劇中ではキュートでレトロモダンな60年代ファッションと、現代のファッションアイコンであるマリリン・モンローを参考にした金髪ショートボブに赤リップのヘアメイクを披露。彼女の可愛らしさ溢れる場面の写真が解禁、公開された。

アン・ハサウェイと言えば「プリティ・プリンセス」や「プラダを着た悪魔」、「マイ・インターン」、「オーシャンズ8」など様々な話題作に出演し、日本でもその可愛さで大人気のハリウッド女優。アンが劇中で豪華なドレスやハイブランドファッションを着こなす姿はつねに注目の的となっており、同作ではレトロモダンな60年代ファッションを披露している。

THE WITCHES

中でも、千鳥格子柄のセットアップや大きなリボンが可愛いピンクのコートなど、1960年代に流行した柄の組み合わせやカラフルでポップな色使いを取り入れたファッションを美しく着こなす姿に注目だ。

THE WITCHES

さらにアン演じるグランド・ウィッチのヘアメイクは、いまなお世界中から愛されるハリウッドの往年の女優マリリン・モンローが参考にされており、金髪ショートボブの巻き髪や濃いめの赤リップは、まさにマリリン・モンローのようなルックでアンの可愛さを一層際立たせている。そうしたレトロモダンなファッションは、アカデミー賞を2度も受賞しロバート・ゼメキス監督作品を数多く手掛ける衣裳デザイナーのジョアンナ・ジョンストンが担当。アン自身の意見も取り入れて一緒にグランド・ウィッチのファッションを作り上げていったエピソードもあり、ジョアンナは「アンはプロフェッショナルな女優というだけでなく、一緒に仕事をするのがとっても楽しい人だったわ」と振り返る。

WITCHES-36778.dng

同作の舞台は60年代のとある豪華ホテル。そこに現れたのは、おしゃれで上品な美女たち。しかしその中身は、美しい外見を壮大に裏切る誰より危ない邪悪な大魔女グランド・ウィッチだった。アンはグランド・ウィッチについて「彼女は世界をとてつもなくつらい場所だと感じているの。すべてを嫌っていて、彼女に幸せを与えられるものは何もない。だから他の人にも痛みを与えようとするんだけど、その方法が期待通り最高に素敵なのよ!」と明かしている。そんなアン・ハサウェイが演じた大魔女グランド・ウィッチが魔女たちを集めて目論むある壮大な 秘密のたくらみとは?ちょっと驚きのラストが、“大切なもの”に気づかせてくれる、この冬注目のファンタジー大作は、12月4日より全国公開される。

© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

「魔女がいっぱい」
公開:12月4日(金) 全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画

関連記事

  1. aobatable-1 「北欧、暮らしの道具店」初の映画、西田尚美主演「青葉家のテーブル…
  2. KV_DRAFT_04 ビームス、トランジットらが賛同する映画業界支援プロジェクト「ビー…
  3. NottingHill-1 12月公開の映画「ノッティングヒルの洋菓子店」の日本版予告編が…
  4. Daughters-1 三吉彩花、阿部純子のダブル主演映画「ドーターズ(Daughter…
  5. tokyoteleworkfilm 斎藤工、“STAY at HOME”をテーマにリモート撮影で長編…
  6. 映画「ジョーカー」が公開32日間で動員280万人、興収41億円を…
  7. zoff-0kiss-ryotakatayose 片寄涼太主演映画「午前0時、キスしに来てよ」とゾフがコラボ。“ゾ…
  8. wemargiela1 マルタン マルジェラ初のドキュメンタリー映画が来春公開!。激動の…

新着記事

  1. DBOX creates strategy, design and content for the marketing of landmark properties around the globe. From our studios in London, Miami and New York, we work in close collaboration with many of the world's leading developers, investors and architects. Through the careful combination of craft and technology, we generate non-formulaic brands and experiences that are engaging, memorable and effective. A selection of our award-winning work can be seen at: www.dbox.com

DBOX’s work has been recognised by organisations including the Academy of Television Arts 
& Sciences (Emmy® Awards), Communication Arts, The Art Directors Club, World Luxury Award, American Design Awards, and The International Property Awards, and has been exhibited at 
The Museum of Modern Art, The Museum of Contemporary Art in Tokyo, The Art Institute of Chicago and The Museum of Contemporary Art in Los Angeles.
  2. zoffniji-1
  3. Laëtirais-1
  4. PEANUTS©
  5. haribo-1

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP