FASHION

米・インスタグラム「SHOP NOW」ボタンでECへリンク可能にする、広告を通したEC購入システム導入を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


米・インスタグラム(Instagram)は、新たな広告システムを導入することを6月2日に発表(現地時間)。広告主のブランドがインスタグラムユーザーに対し商品の販売、会員登録への促進、アプリダウンロードの促進などを一貫してできるように年内には計画しているといいます。アプリ内での表示イメージ図も公開しています。

instagram-ad-image02.jpg

このような広告を促進するために、広告主であるブランド側がすでに所有する顧客情報に加え、母体であるフェイスブック(Facebook)が保有するユーザーの位置情報やネット利用情報などを積極的に活用することで、よりピンポイントのターゲット層に情報が届くようにする仕組みとされています。

また、インスタグラムに続き、ピンタレスト(Pinterest)も今後、ピンをただの広告だけではなく、購買活動が出来るようにしていくと同日発表しています。製品ページへと飛ぶピン画像に「購買」ボタンが表示されます。

今回の発表は本国アメリカでの導入にはなりますが、ジャパン社によって初の広告が導入された日本でも、同様の動きが見込まれ、そのマーケティング活用の可能性がさらに広がりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. yearin2016 2016年のファッション業界を振り返る、5つのキーワード【ファッ…
  2. インスタグラムが動画機能強化を発表、最大60秒の動画投稿に対応&…
  3. 2015年に最も成長したSNSは「インスタグラム」で利用率が1.…
  4. モデル 蛯原友里が昨年11月に出産した息子と2ショット披露、雑誌…
  5. 「インスタグラム」国内最新広告事例まとめ2015、ファッション・…
  6. “#プチプラ””#自撮り&#…
  7. ミランダ・カーが”カズニョロポーズ”披露…
  8. 女優 沢尻エリカが”いろいろあって”イン…

新着記事

  1. hyke-unifrm
  2. penhaligons-portraits2
  3. houseofdior
  4. louisvuittonxfragment-popup
  5. ericcarle_2

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet013
  2. kofukuron18-1
  3. jick3-1
  4. inokuma0401_0928
  5. jick02
PAGE TOP