LIFESTYLE

博多で大ブーム!“うどん居酒屋”の先駆け店「二◯加屋長介」が東京初上陸。中目黒に今秋オープン



niwakaya01

うまいものが多い“博多”で今、大ブームだという「うどん居酒屋」。その先駆けである「二◯加屋長介(にわかやちょうすけ)」がトランジットジェネラルオフィスとのパートナーシップ契約によって今秋、東京・中目黒にオープンする。

「二◯加屋長介」で人気の手打ちうどんは、地元、糸島市産の小麦にこだわった讃岐のしなやかなコシと、博多の優しい口当たりを併せもつ。代表メニューは博多名物でもある極上の水炊きをベースにした「鶏スープあつかけうどん」。また、うどん以外にも「牛すじ煮込み」や厚切りの「雲仙ハムカツ」をはじめ、お刺身から肉料理、揚げ物まで、質にこだわったという80種の酒に合うおつまみが豊富に揃う。

niwakaya02

niwakaya03

niwakaya07

「鶏スープあつかけうどん」

「すだちうどん」

「雲仙ハムカツ」

というのも、店主の玉置康雄氏は高級居酒屋「田中田」で料理を学んだ後、うどんの名店で1年半修行した人物。2010年9月に「二◯加屋長介」をオーナーシェフ店が立ち並ぶ薬院エリアにオープンして以来、”シメにラーメン”から”シメにうどん”へと、外食習慣を変えつつある勢いだという。2013年には、姉妹店「釜喜利うどん」も大名にオープンしている。

niwakaya06

「二◯加屋長介」を手掛ける店主・玉置康雄氏

なお、出店場所など詳細はまだ情報解禁前だ。グルメ通から”今一番行くべきお店”との呼び声高い「二◯加屋長介」のうどんが東京で味わえるとなれば、行かないわけにはいかないだろう。

関連記事

  1. kaoyum-3 オーストラリア発モダンアジアンレストラン、ロングレインからヘルシ…
  2. maisonowl-1 洞窟のようなハウス&レストラン「メゾン・アウル」が山口県…
  3. theupper-1 トランジットが “新しいカルチャー” を提案するフラッグシッ…
  4. soso-1 そうめん専門店「そうめん そそそ ~その先へ~」、和菓子テイクア…
  5. riverside-1 オールデイラウンジ「リバーサイド クラブ」が中目黒ザ ワークス内…
  6. jamba-10 カリフォルニア発スムージー専門店「ジャンバ」が日本初上陸。ミヤシ…
  7. google-takeaout Googleマップ「テイクアウト」「デリバリー」表示を追加。飲食…
  8. stressless-temiyage-top 【コラム】2020年にまず贈りたい、ストレスレスになれる“甘い”…

新着記事

  1. beamskobo-1
  2. regeneration-7
  3. © Studio Ghibli
  4. chanelmiro-main
  5. skepta-3

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP