FASHION

スリーミニッツから新ブランド「ETRÉ TOKYO」が来春デビュー。クリエイティブディレクターJUNNAが等身大のライフスタイル提案



etretokyo

新ブランド「エトレ トーキョー(ETRÉ TOKYO)」が、2017年3月にデビューする。

これは動画メディア「マイン(MINE)」を運営するスリーミニッツによるプライベートブランドで、今年7月にデビューした「エイミー・イストアール(EIMY ISTOIRE)」に続く第2弾となる。

エトレ トーキョーを手掛けるのは、今年9月にクリエイティブディレクターに就任した、JUNNA。学生時代にニューヨークとロサンゼルスへダンス留学後、2002年からダンサー・タレント・DJ・MCとして、テレビドラマ出演や有名音楽番組のバックダンサーなどで活躍。その後、代官山の人気ライフスタイルブランドのプレスを経て、同社が主催する次世代インフルエンサーオーディションでグランプリを受賞し、今回のブランドデビューに至った。

etretokyo2

ブランドコンセプトは、MY DAYS, MY ETRÉ。25歳から30代の女性に向けて、“物質的な豊かさではなく、ココロが豊かになるようなきっかけづくりを提案したい”という思いが込められている。

展開されるのは、JUNNAクリエイティブディレクターの審美眼のもと、ファッションを中心に、ライフスタイル、トラベル、ビューティーと幅広いラインアップ。2017年春夏シーズンのコンセプトは、MY HEART BOUNCE。トキメキやワクワクを感じ、日々の生活に寄り添った長く愛されるアイテムを提案する。まずは、オンラインショップから販売をスタート予定だ。

デビューにあたってJUNNAは、「私がつくり出すものには、特別なものは何ひとつないけれど、ETRÉ TOKYOを手にしていただいた方の日々の中で、心が豊かになるような“きっかけ”になることができたらいいな…と思っています。笑ったり、泣いたり、恋をしたり、傷ついたり…そんな日々を愛して生きていくきっかけになれたら嬉しいです。」とコメントしている。

「激動の10代、20代を経て、30代へと年齢を重ねていくなかで、物質的な豊かさではなく、心の豊かさを求めるようになりました。」と彼女自身もいうように、モノが溢れるこの時代に求められるのは、私たちの生活をFEEL-GOODにしてくれるブランドだ。エトレ トーキョーは、そんな次世代による次世代のためのブランドとなりそうだ。

関連記事

  1. beams-roppongihills ビームスが六本木ヒルズに今秋オープン。最大級の店舗面積と…
  2. xiringuitoescriba-open_top バルセロナで人気のパエリアが味わえるシーフードレストラン「チリ…
  3. bookmarkxmarco-5 フォトグラファー MARCOの写真展がBOOK MARCにて8月…
  4. maisonmargiela-glamslam メゾン マルジェラ、枕のようなバッグ「グラム スラム」に注目。新…
  5. banan-hawaii_1 ハワイ発新感覚スイーツ店「バナン」が日本初上陸。そごう横浜店1階…
  6. ginzasonypark-theconveni 藤原ヒロシが考えるコンビニとは?銀座ソニービル跡地に期間限定の公…
  7. theconveni-ginzasonypark 「ザ・コンビニ(THE CONVENI (GINZA SONY …
  8. supolshinagawa-1 ドイツ発人工サーフィン「シティウェーブ」がアジア初上陸。複合スポ…

新着記事

  1. Print
  2. Image-02
  3. moltonbrown-jasminesunrose_1
  4. beams-roppongihills
  5. cartier-conviniopen

FEATURE – 特集

  1. balmuda-thelight_4
  2. stressless-hoshino
  3. shibuyabridge-outline
  4. shibuyastream-outline
  5. ekornes-torigoe-itop

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-024
  2. vintage-meet-023_top
  3. vintagemeet022_1
PAGE TOP