CULTURE

ワタリウム美術館で「坂本龍一 | 設置音楽展」が開催。8年ぶりとなる新作の全貌とは?



sakamoryuichi-async

東京・青山のワタリウム美術館にて、4月4日から5月28日まで「坂本龍一 | 設置音楽展」が開催される。

同展は、坂本龍一の8年ぶりとなる新作アルバム『async』(税込3,780円/3月29日日本先行発売、4月28日世界発売)の世界を、音と映像、インスタレーションで多角的に紹介していく。制作に影響を与えた書籍や映画やDVD、自筆の楽譜や落書きも含むメモなどが展示され、2階から4階の各階で音楽を聴いた後に見ると、さらに楽しめる構成となっている。

それぞれ、坂本自身が制作・監修したアルバム『async』の5.1チャンネル・サラウンドの特別ミックスに、坂本と長年に渡るコラボレートを行なってきた芸術家の高谷史郎による映像を添えた試聴室「drowning」(同美術館2階)に加え、ニューヨークの新進気鋭の若手映像チーム“Zakkubalan”が、アルバムの制作環境を坂本のプライベート空間の映像と、そこに響く音で仮想的に再現した「volume」(3階)、そして世界的に注目されるタイ出身の映画監督・映像作家のアピチャッポン・ウィーラセタクンがアルバム『async』からイメージした映像(音は坂本によるこの映像のためのリミックス・ヴァージョン)を上映する「first light」(4階)と、さまざまな角度からアルバムを紹介する。

また、坂本の世界を一方的に展示するだけでなく、1階の受付脇には聴き手とのコミュニケーションのために「コミュニケーション・ウォール」設置。来場者は会場の展示で感じた『async』に対する感想や質問を自由に用紙に書き込み、その場に貼り付けることが出来る。それらの感想や質問はニューヨークの坂本のもとへ送られ、返答もまたそのウォールに貼り付けられ公式サイトで紹介される。

【展覧会情報】
「坂本龍一 | 設置音楽展」
会場:ワタリウム美術館
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
会期:4月4日~5月28日
時間:11:00~19:00(毎週水曜日は21:00まで)
入場料:大人 1,000円、学生 500円、ペア券 1,600円

[元記事:坂本龍一8年ぶりとなる新作の全貌がワタリウム美術館で明らかに、“設置音楽展”開催]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. Print 野外イベント「湖畔の時間 2021」が、長野・白樺湖で開催。Ca…
  2. narrative-1 写真家・横浪 修にまつわる書籍「横浪 修のナラティブ」が刊行。記…
  3. nfup-2 ザ・ノース・フェイスが、段ボールアーティスト島津冬樹による参加型…
  4. “Untitled (Japanese ShoeboxII#126‒285)” , 2021 © Gottingham Image courtesy of Yoshihisa Tanaka and Studio Xxingham 「田中義久 × 東京デザインスタジオ 共同研究 vol.0…
  5. sonypark-3 ソニーパーク展「②音楽は、旅だ。with 奥田民生」が開催。13…
  6. hiroshinagai-1 イラストレーター永井博氏の原画展が、代官山 蔦屋書店で開催。タコ…
  7. bcm-1 ベイクルーズ ストアで音楽ライブ配信コンテンツが新たにスタート。…
  8. greenroom-16 2年ぶり、グリーンルームフェスティバル’21が開催。ニューノーマ…

新着記事

  1. uaxmas-8
  2. picky-6
  3. nsw-14
  4. buz-1
  5. njt-26

FEATURE – 特集

  1. madred-1
  2. renomaparis20ss
  3. stressless-temiyage-top
  4. stressless-chair
  5. stressless-wine

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP