CULTURE

東北の作り手の想いを届けるプロジェクト「10イヤーズ イースト オタヨリ バイ IMIM」が発足



imm-3

東の食の会と、国内外で活躍する東北出身のスタイリスト・倉岡 晋也のタッグによる、東北の生産者の想いを届けるプロジェクト「10イヤーズ イースト オタヨリ バイ IMIM(10 YEARS EAST OTAYORI by IMIM)」が発足。東北大震災から10年の節目を迎える今、東北にまつわるさまざまな想いを伝えていく役割を果たすべく、始動した。

imm-4

倉岡氏がディレクションするIMIMは、衣食住&音旅アートをキュレーションし繋いでいくプラットフォームであり、それぞれに関わる人や物事の、(アイム)I’mから始まる自己紹介を(イマ)Ima”今”の視点で紹介するメディアだ。同プロジェクトでは、人と人との関わり方は寄り添うものだけではなく、存在のつながり自体こそが大切と考え、作り手の想いを知ることで想いを馳せる時間を多くに届けたいと、まとう・たべる・つながる・ライフスタイルのアプローチを、ひとつのオタヨリ(OTAYORI)というマガジン形式で発信。

imm-7 のコピー

“まとう”では、 伝統的なワークウエアをベースに、日本のクラフトマンシップを加えアップデートされた「ワンジー(WANSIE)」を紹介。オンとオフ、多彩なカルチャーが入り混じる現代人のための、モード感と機能美を兼ね備えたワークウエアは、着る人や場所によってストーリーが生まれるレディ・トゥ・ウエアが魅力だ。

“たべる”では、ユニークで美味しい6つの食アイテムを紹介。

imm-1

三五八漬けの素「御稲プライマル」は、野菜などを漬けると、誰でも手軽に漬物がつくれるアイテムだ。「358」は、塩:麹:米の比率に由来しており、様々な菌を摂取することができ、食材を長持ちさせ、旨みも引き出す良いことづくしの名品とし、密かに支持されてきた。同ブランドは、震災後多くの人が経験した分断から学んだつながりの大切さを伝えるべく、小さな市場の中でシェアを奪い合うのではなく、地域の事業者が団結し、福島「358」市場を拡大する目的で誕生した。(100g 386円 税込)

imm-10

健康茶「清水薬草店」は、古くから会津人蔘(高麗人参)などの生薬が採れる地域で知られる会津・喜多方の地で3代続く生薬問屋が作る健康茶だ。かつては人蔘栽培だけで大きな家が立つほど栄えていたが、海外との価格競争や震災の影響により現在の国内市場は減少の一途を辿っている。同アイテムは、そんな逆境に立たされながらも、地域資源を守ろうと奮闘している3代目の琢氏が、丁寧に作る健康茶だ。(各20g 756円 税込〜)

imm-8

トマトビール「ワンダーファーム」は、いわきで育った真っ赤なトマトを使用したクラフトビールであり、生トマトを絞った際に出る黄金色のエキスを50パーセント使用した、トマト味の新感覚ビアカクテルだ。”五感を耕す。食と農の体験ファーム”をコンセプトにした、いわきのトマトランドとして知られる「ワンダーファーム」の広大な敷地には、地元野菜を使ったレストラン・農作物の直売所・地元農家による体験農園を併設。食べて・見て・触れて・からだで農業を感じることができるこの場所は、震災後に農業者が激減しこのまま福島の農業が消えてしまうのではないかという危機感と、農家を身近に感じてもらいたいというオーナー元木氏の想いが詰まっている。(310ml 610円 税別)

imm-9

ほや缶「木の屋石巻水産」は、貝でも魚でもない人間に近い不思議な生物ホヤを使った、缶詰食だ。ホヤは、人間が舌で感じる基本の五味、甘味・酸味・塩味・苦味・旨味を持ち合わせる、他に類をみない食材として知られる。震災後、風評被害を受け禁輸が続いたことから廃棄されていたホヤ。その悔しさをばねに、ホヤ漁師たちとコアなホヤファンの間で国内消費を促す活動を続けており、その消費量は少しづつ上昇している。同缶詰は、禁輸が続きながらも、同じくホヤを愛する韓国で主流のコチュジャン味で、食文化交流を図る意図でも開発された。(140g 500円 税込)

imm-12

手焼き真穴子(冷凍)「はまから」は、地域に愛される漁師たちの愛を受けて、ひとつひとつ丁寧に手作業により焼かれる肉厚の真穴子だ。震災から8年ぶりに再開した魚市場をもつ、福島県いわき市最北の港町九之浜。漁業が盛んなこの町では、震災後もともとあった魚の加工場や小売の多くが廃業してしまった。手焼き真穴子をつくる同店は、地域を愛する者たちが集まり、魚屋として開業。自らが船に乗り、自らが真穴子を焼いて出来た商品として、愛情深い味わいを持つ。(250g以上・2人分 1500円 税込)

imm-11

もち玄米おこわ(冷凍)「カトウファーム」は、米農家に昔から伝わる製法で、醤油・みりん・てんさい糖・干し椎茸のやさしい旨味で味付けされた、ひとつひとつ手作りの食べ物だ。福島市で一番大きな田んぼを持つ、地域を守るために、1万平米の田んぼを開墾する米農家「カトウファーム」が愛情たっぷりに作ったおこわを、美味しさそのままに瞬間冷凍。胚芽を残すことで、白米と比較するとビタミンB1や食物繊維を豊富に含み、”もちぽち”の食感が特徴だ。(450g 810円)

imm-2 のコピー

“つながる”では、「IMIM ラウンジミックス」を紹介。エキスペリメンタル・ソウルバンド「ウォンク(WONK)」のリーダー荒田洸氏にコンセプトを伝え、「音」により想いをつないでいくべくして、完成した。なお音源は、ミュージックストリーミングサイトのSpotifyから視聴が可能。

同プロジェクトの今後の活動情報は、IMIMのホームページにて随時アップデートしていく予定だ。

関連記事

  1. izumi-miyazaki-x-bal アートプロジェクト「イズミ ミヤザキ x バル」が始動。キョウト…
  2. banksyten2020 「バンクシー展 天才か反逆者か」が日本初上陸。過去最大級規模の作…
  3. yoshidayuni-dinalog_1 アートディレクター吉田ユニの個展「Dinalog」が5年ぶりにラ…
  4. stressless-museum 【コラム】人生で一度は訪れたい、ストレスレスになれる日本の美術館…
  5. gordon-matta-clark-beams ビームス、アジア初「ゴードン・マッタ=クラーク展」とコラ…
  6. natsuyamaguchi_top 【インタビュー】書道の魅力をイラストに。ファッション業界でいま最…
  7. lifeishard 片山正通の膨大なコレクション「片山正通的百科全書」が東京オペラシ…
  8. kusama2017 草間彌生のエネルギーに触れる大回顧展「わが永遠の魂」、国立新美術…

新着記事

  1. k5obana-main
  2. ontwld-main
  3. crispst-1
  4. htc-15
  5. byrmumbai-main

FEATURE – 特集

  1. pjtmwinter-1
  2. renomaparis20ss
  3. stressless-temiyage-top
  4. stressless-chair
  5. stressless-wine

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP