LIFESTYLE

コクヨ「シンク オブ シングス」から、水も容れられるハイスペックなダンボール箱 ”CARTON 2.0” が発売。



CARTON-1

コクヨが運営する東京・千駄ヶ谷のショップ&カフェ「シンク オブ シングス(THINK OF THINGS)」から、水も容れられるほどハイスペックなダンボール箱 ”CARTON 2.0” が登場。店舗と公式オンラインショップにて、2月10日より発売が開始した。

CARTON-2

同商品は、1980年に日本で初めて機能性ダンボールを開発したアイザックとのコラボによって誕生。水産品や冷蔵品を運ぶために使用されている特殊なダンボールを用いて、日常生活の中で使いやすいサイズのアーカイブボックスを開発。ダンボールなのに湿度から守り、保冷もでき、特殊な構造により水も容れられるほどハイスペックにアップデート。大切な書類や服の保管、食品の保冷、ランドリーボックス、プランターボックスなど、従来の用途を超えて暮らしのさまざまなシーンで活躍する、新しいダンボール箱が完成した。価格は税込 2,900円。

マテリアルには、ダンボール原紙にPETアルミ蒸着フィルムがラミネートされたアイザック製「クールダン」を採用。フィルムの特性と断面の空気層を活かし、ダンボールに「保冷効果」「耐水効果」「防湿効果」を持たせているのが特徴だ。可燃ごみとして処分が可能で、廃棄する際は焼却処理可能でダイオキシンが発生しないなど、環境にも配慮。

ダンボールらしくない見た目も特徴で、箱を作る際一切接着がなく、ボディとフタがそれぞれ1枚のダンボールを折り込むことで、隙間がなく、水を容れても漏れない構造を実現。また、ボディの上部に深めの折り返しがあり、フタと合わさる為、穴がなくても箱をつかみ、持ち上げることが可能。折り込みの構造からできた、側面の斜めのラインが特徴となっている。短辺の面はボディとフタの長方形だけが見えるシンプルな構成。シルバーの鏡面に、ダンボールの目方向も横目に合わせているため、横に並べて気持ちがいいデザインが魅力だ。

関連記事

  1. KURKKU-5 サステナブルファーム&パーク「クルックフィールズ」に宿泊施設「コ…
  2. oatly-5 スウェーデン発「オートリー」が日本初上陸。植物由来のサステナブ…
  3. folkwood-1 トランジット初の直営キャンプ場「フォークウッド ビレッジ …
  4. seagrass-main 地元で作る地元のお土産「シーグラスキャンディ」が、奄美大島で発売…
  5. cinque-4 ウェルネスブランド「サンク」が公式サイトをオープン。サステナブル…
  6. KAPOKKNOT-main 「カポックノット」から、100%植物由来のダウンが登場。サステナ…
  7. elle8-main ローラが「エル・ジャポン」8月号の表紙に初登場。グリーンイシ…
  8. Colekt-1 スウェーデン発「コレクト」が、日本公式サイトをローンチ。「アク…

新着記事

  1. tiffannyxb
  2. fukuske-chan-1
  3. tds-4
  4. brandnewgate-13
  5. KURKKU-5

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP