FASHION

無印良品「メンズ&レディスデニム」大幅リニューアル、幅広い年代・体型に合わせた”履き心地”追求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


「無印良品」は、1987年の発売以来、素材や機能などの角度から”はきやすさ”にこだわり続けてきたデニム商品群をメンズ・レディスともにリニューアル。”履きやすさ”だけではなく、”動きやすく、美しいシルエット”の実現のためにパターンを見直し、幅広い年代・体型に合わせた”履き心地のよいデニム”として、メンズは1月17日(金)、レディスは1月15日(水)に全国発売します。

今回のリニューアルにあたって、「無印良品」が注目したのは、デニムにおける日本の技術力。世界の有名ブランドが指名買いするデニム生地や高い縫製技術、職人気質の加工技術を、通年で販売する定番デニムにも、取り入れています。限定商品として、日本にこだわった本格派デニム「ジャパンデニム」(9,980円)も発売。日本製の生地を使い、日本の工場で生産、日本の技術でユーズド加工を行っています。

また、主力商品となる「アメリカンコットン混デニムパンツ」(3,980円)は、世界的にトレンド感のあるスキニーシルエットのバリエーションを充実させ、毎日のふだん着として履き心地を重視。従来のものより伸縮性にすぐれた糸を使用し、また、膝から下のシルエットを見直し、体型がきれいに見えるシルエットを実現したといいます。

MUJI-DENIM-Renewal03.jpg[左から]スーパーストレッチ/スキニーアンクル丈/スキニー ハイライズスキニー/ストレートスキニー

ファッション業界のSPA化やライフスタイル化の流れで競争激化が進む昨今、いかに”このブランドといえば、この商品”といったような、ブランドのアイコンとなる定番商品をつくることができるかが、ブランドマーケティングにおける重要なファクターのひとつといえます。そういった意味で、「無印良品」による今回のリリースは、マーケットニーズに対応した大幅なMDリニューアルによって、デニム商品群の全体強化を図ることで、客単価の向上やグローバルブランドとしての定番商品をつくる動きと捉えられ、今後の動向に注目できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. mujiyurakucho-vegetables-1 無印良品、初の”青果売場”を導入。有楽町店を増床し、産地直送の野…
  2. muji-hotel 無印良品のホテル「MUJI HOTEL」が銀座に2019年春誕生…
  3. muji-coffee 無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー」発売。プロのハンドドリッ…
  4. mujinihonshu 無印良品、千葉・鴨川産「長狭米コシヒカリ」で醸造した日本酒を発売…
  5. muji-artek 北欧が生んだ名作スツール「アルテック」のE60。無印良品が特別仕…
  6. mujilabo-new 尾花大輔と堀内太郎が「無印良品」の「MUJI Labo」デザイン…
  7. muji-circleksunkus 「無印良品」がサークルK・サンクスでも買える。良品計画がコンビニ…
  8. untitled 20年以上自給自足の山暮らしをする陶芸家・高仲健一に迫る個展、無…

新着記事

  1. kusamayayoi-museum
  2. bossjumper
  3. orobianco-suitcase
  4. billboard17aw
  5. zara-fragrance

COLUMN – コラムニスト連載

  1. kofukuron20
  2. vintage-meet-015
  3. jick05
  4. kofukuron19top
  5. thisisnewyork06-top
PAGE TOP