LIFESTYLE

【RAMEN with you】第5麺 「粋な一生」@秋葉原



1億2,000万人の中から、誰かと誰かが引き寄せられ出会うように、
全国3万5,000軒の中から、お気に入りのラーメンと出合うことも運命的です。
6年前、東銀座で一杯のラーメンを食べてから、美味しいラーメンを求め食べ歩き、
くぐった暖簾の数だけドラマがあります。
その感動をお伝えしたい、僕があなたを連れて行きたいお店がここにあります。

Photo & Text : Takahiko Makiba
 第5麺|タイムリミットは4日、コーヒーショップ開業に奔走するあの人と行くラーメン

ゲスト : Nathalie Yoshimi(ヨシミ・ナタリー)さん / バリスタ、block.fm「TONY」MC
ランドセルを家に置いたら、お小遣い握りしめて足早に向かった小学校隣の駄菓子屋。僕が通う小学校では男子も女子もみんなあの駄菓子屋に集まっていた。チェリオ飲んで、カツやあんずボー食べて、あんこ玉はあの大きなやつ狙って。蒲焼さん太郎が好きだったのは、きっと今の鰻好きに通じている。ブタメン食べるときにオプションで生卵追加していたことだって、今ラーメン屋で味玉子をトッピングすることと何も変わりやしない。

RAMEN_with_you_main05_02.JPG

みんな駄菓子を手にしながらたわいもないことを話していた(子供の頃だからそりゃあたわいもない話か)。それはまるで子供の社交場のようだった。他の小学校の近くにも、そういった地元の子達が集まる駄菓子屋があったけど、そこに行くときは何故か緊張したもので、小学生ながらなわばり的なものを感じていたのかもしれない。
そんな懐かしい駄菓子屋の思い出が蘇ったのは、国内最大のクラウドファウンディング・サービス「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて、友人のナタリーが立ち上げたコーヒーショップを開業するためのプロジェクトの紹介文を読んだからだ。
ナタリーは、「STREAMER COFFEE COMPANY(ストリーマーコーヒーカンパニー)」など9年間のバリスタ経験を活かし、現在は自身のショップをオープンさせるため、自家焙煎の豆を使った出張コーヒーサービスなどの活動を行っている。彼女は、子供達が生きた学びを得る環境が、あの頃の駄菓子屋にあると考えた。大好きなコーヒーを通じて、大人も子供も楽しめる当時の駄菓子屋のような空間をつくりたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げたそうだ。

tonyphoto.jpgblockFMの第2第4木曜日20:00〜21:00は泣く子も笑うTONYの時間だよ![左から]MCを務めるあさちぇる、ナタリー、吉田沙世

プロジェクト名は「駄菓子屋のおばちゃん現代版!なっちゃんのおいしたのしコーヒー屋さん」。
http://camp-fire.jp/projects/view/1176

この「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」は、プロジェクトに共感した場合、500円から支援することができる。ナタリーの場合、500円でも支援すると、コーヒーショップをオープンした際に使えるコーヒーチケットが付いてくるので、彼女の夢に投資して完成したコーヒーショップを見に行く楽しみと、そこでコーヒーチケットを使える楽しみもあってなんだかワクワクしてしまう。

nataliecoffee.jpg
今回のプロジェクトの目標200万円に対し、現在170万円を超えていて、締切の10月31日(金)0時まであと4日。もし興味を持ったらHPをチェックプリーズ。
http://camp-fire.jp/projects/view/1176
そんな夢の第一歩を今まさに踏み出せそうなナタリーをラーメンに誘ってみよう、秋葉原の「粋な一生」だ。
RAMEN_with_you_main05natle.JPG
RAMEN_with_you_main05_04.JPG醤油ラーメン670円 +味玉子100円

透き通った優しい醤油の味醤油ダレに徹底的にこだわり、三種類の醤油をベースに数種類の昆布、節類、香味野菜を加えて作る味は見た目あっさりながら奥行き深い味わい。ふわっと甘く柔らかい醤油味は、半日で学校が終わった土曜日の昼に母が作ってくれた懐かしい醤油味だとナタリー。塩分取り過ぎは体に良くない、そんな母の気遣いを感じるほどだ。

RAMEN_with_you_main05_03.jpg

メニュー表には店主のメッセージがこう書いてある、子供の頃に近所の小さな食堂で食べたラーメンを再現したいと。なんだかナタリーと同じ思いのように思えた。
この思いがこの夢がどうか絶えないように、クラウドファウンディングを使って自身の夢を叶えようとする彼女の行動力を賞賛し協力したい。
彼女が夢の通り道を見つけられるか否かは、これを読んでいるあなたの”粋”な行動にかかっているのかもしれない。

粋な一生
住所:台東区台東1-27-2 竹善ビル 1F
TEL:03-3837-8117
営業時間:[月~金]11:00~21:00、[土・日・祝]11:00~20:00
定休日:なし
URL:なし

makibatakahiko.jpg
牧羽 貴彦 Takahiko Makiba
1982年8月27日生まれ
ナノ・ユニバースを経て、INFASパブリケーションズのWWD beautyへ。
そのユニークなキャラクターに業界内のファンも多い。Instagram上では、連載で紹介していないラーメンやその他のグルメも見ることができる。
Instagramアカウント @makibat
head_logo.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. biocbonazabujuban 仏オーガニックスーパー「ビオセボン」が日本初上陸。フランス冷凍食…
  2. michelintokyo2017 「ミシュランガイド東京 2017」発表。12月1日まで全掲載店を…
  3. picard-aoyama1 フランス冷凍食品専門店「ピカール」青山にオープン。12月には初上…
  4. corona-winterescape1 白馬のゲレンデに「コロナビール」の絶景テラス&バーが出現。宿泊ロ…
  5. foodtimeisetan アトレ品川に新ライフスタイルストア「フード&タイム 伊勢丹」がオ…
  6. dailynicedish08 【コラム】日々是料理 #08 大人のポテトサラダ
  7. haagendazs-deco ”ざくざく”混ぜて食べるハーゲンダッツの新作「デコレーションズ」…
  8. higashiya-osechi 銀座の和菓子店「ヒガシヤ」から“お菓子のおせち”が登場。12段の…

新着記事

  1. kingdomoverride1
  2. biocbonazabujuban
  3. crystalmagic
  4. ninaxmas2016-1
  5. matsuyaginza-jewelry2016

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP