LIFESTYLE

オランダ生まれの自転車ブランド「バンムーフ」日本初上陸、電動自転車の次世代”スマートバイク”とは?



vanmoof

オランダ・アムステルダム生まれの自転車ブランド「バンムーフ(VanMoof)」が、日本初上陸となる最新モデル「エレクトリファイド エックス(Electrified X)」の国内限定プレオーダーを5月23日20時からスタートする。

バンムーフは、2009年にタコとティース・カーリエ兄弟によってオランダ・アムステルダムで誕生。「世界一のシティバイクをつくること」を目標に掲げ、進化し続ける都会の暮らしの中で、自転車はどのような働きをするべきなのかを考え、不必要なパーツを取り除き、必要な部分は改良。盗難防止に特化したスマートテクノロジーを統合して、盗難・防犯対策を備えているのが特徴。現在、ジャパン社がある東京のほか、アムステルダム、ニューヨーク、ベルリン、台北にチームを構えている。

vanmoof2

CEO ティーズ・カーリエ

今回、電動アシスト付き次世代スマートバイク「エレクトリファイド エックス」が日本初上陸。これは、2016年発売の「エレクトリファイド エス(Electrified S」を日本市場向けにアップデートしたもの。東京をコンセプトにデザインされたコンパクトな設計なので、東京の路地や混雑も難なく進むことが可能だ。

vanmoof_6

vanmoof_5

vanmoof_7

1回の充電で最大120kmまで走行可能な電動アシストのバッテリーは、自転車のフレームにすっきり収納。高性能モーター250Wの電力で最大24km/hまで電動アシスト。ブーストボタンを押すことで、ハイスピード走行ができる。

また、ギアチェンジや開錠は、タッチディスプレイでコントロールする仕組み。専用アプリで、自分の自転車がどこに置いてあるかトラッキングも可能。バイクのダッシュボードに手をかざすと、アプリを通して自動的に人物を認識し、スムーズに解錠する。さらに、盗難にあった場合、内蔵GPSで遠隔探知し、専門のバイクハンターが探し出してくれる。万が一、見つからなかった場合は同製品を提供。2年間の保証もついている。高額自転車を購入する際の心配は、一切ないという。

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、イエロー、ブルーの4色。フロントキャリアの選択も可能。標準価格370,000円、先行販売では、270,000円(共に税込)の特別価格で提供。2017年下旬に日本先行発売、2018年に世界発売を予定する。詳細は、公式サイトをチェック。

関連記事

  1. escriba-9 バルセロナで一番美味しいパエリアの人気シーフードレストラン「…
  2. kawasakistation-west-2021 川崎駅西口に大規模複合施設が2021年春に開業予定。商業・保育施…
  3. puebco-cpcm 「プエブコ(PUEBCO)」がフルライナップでお目見え。チャオパ…
  4. peanutshotel-02 神戸にスヌーピーをテーマにしたデザインホテル「ピーナッツ ホテル…
  5. omo5-tokyootsuka-top 旭川に続き、東京・大塚に開業。星野リゾートの都市観光ホテル新ブラ…
  6. ellesseheritage_kom_i 「水曜日のカンパネラ」コムアイとコラボ。エレッセ ヘリテージ…
  7. initialkicksdaikanyama ベビースニーカー専門店「イニシャルキックス代官山」オープン。ナイ…
  8. HUNTING WORLD18 「ハンティング・ワールド」がデザイナー相澤陽介を迎えリニューアル…

新着記事

  1. oscar-de-la-renta_19resort
  2. escriba-9
  3. trunkkitchen-beerterrasse_1
  4. JWandersonphotocontest-top
  5. warpmagazinejapan

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet022_1
  2. vintagemeet021_top
  3. vintagemeet020_1
  4. vintagemeet019_top
  5. kofukuron-21top
PAGE TOP