LIFESTYLE

オランダ生まれの自転車ブランド「バンムーフ」日本初上陸、電動自転車の次世代”スマートバイク”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


vanmoof

オランダ・アムステルダム生まれの自転車ブランド「バンムーフ(VanMoof)」が、日本初上陸となる最新モデル「エレクトリファイド エックス(Electrified X)」の国内限定プレオーダーを5月23日20時からスタートする。

バンムーフは、2009年にタコとティース・カーリエ兄弟によってオランダ・アムステルダムで誕生。「世界一のシティバイクをつくること」を目標に掲げ、進化し続ける都会の暮らしの中で、自転車はどのような働きをするべきなのかを考え、不必要なパーツを取り除き、必要な部分は改良。盗難防止に特化したスマートテクノロジーを統合して、盗難・防犯対策を備えているのが特徴。現在、ジャパン社がある東京のほか、アムステルダム、ニューヨーク、ベルリン、台北にチームを構えている。

vanmoof2

CEO ティーズ・カーリエ

今回、電動アシスト付き次世代スマートバイク「エレクトリファイド エックス」が日本初上陸。これは、2016年発売の「エレクトリファイド エス(Electrified S」を日本市場向けにアップデートしたもの。東京をコンセプトにデザインされたコンパクトな設計なので、東京の路地や混雑も難なく進むことが可能だ。

vanmoof_6

vanmoof_5

vanmoof_7

1回の充電で最大120kmまで走行可能な電動アシストのバッテリーは、自転車のフレームにすっきり収納。高性能モーター250Wの電力で最大24km/hまで電動アシスト。ブーストボタンを押すことで、ハイスピード走行ができる。

また、ギアチェンジや開錠は、タッチディスプレイでコントロールする仕組み。専用アプリで、自分の自転車がどこに置いてあるかトラッキングも可能。バイクのダッシュボードに手をかざすと、アプリを通して自動的に人物を認識し、スムーズに解錠する。さらに、盗難にあった場合、内蔵GPSで遠隔探知し、専門のバイクハンターが探し出してくれる。万が一、見つからなかった場合は同製品を提供。2年間の保証もついている。高額自転車を購入する際の心配は、一切ないという。

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、イエロー、ブルーの4色。フロントキャリアの選択も可能。標準価格370,000円、先行販売では、270,000円(共に税込)の特別価格で提供。2017年下旬に日本先行発売、2018年に世界発売を予定する。詳細は、公式サイトをチェック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. zara-fragrance ZARAのフレグランスが日本初上陸。名古屋店がリニューアルオープ…
  2. miumiukobe_1 ミュウミュウ神戸店が新オープン。店内はペールブルーへ一新、バレリ…
  3. shibuya-scramblesquare_2 渋谷駅エリア新施設「渋谷スクランブルスクエア」が2019年に開業…
  4. bnr ベイフロー、代官山 T-SITEでポップアップストア「代官山ビー…
  5. sign-allday_5 代官山駅前にデリ&バー「SIGN ALLDAY」オ…
  6. mujiyurakucho-vegetables-1 無印良品、初の”青果売場”を導入。有楽町店を増床し、産地直送の野…
  7. kickslounge_omotesando 「ナイキ キックス ラウンジ」表参道に国内1号店オープン。東京…
  8. chronictacos_sign カリフォルニア発人気ファストカジュアルのメキシカン「クロニックタ…

新着記事

  1. sacai-cutup
  2. Innovation_Summit_16_Hero_Product
  3. kusamayayoi-museum
  4. bossjumper
  5. orobianco-suitcase

COLUMN – コラムニスト連載

  1. kofukuron20
  2. vintage-meet-015
  3. jick05
  4. kofukuron19top
  5. thisisnewyork06-top
PAGE TOP