CULTURE

原美術館、アジアの注目アーティスト李傑(リー・キット)日本の美術館初の個展を開催へ



leekit

ヴェネチアビエンナーレで脚光を浴び、 アジアのアートシーンを牽引する注目の作家リー・キット(李傑 / Lee Kit)が、原美術館にて個展「僕らはもっと繊細だった。」を9月16日から12月24日まで開催する。日本の美術館での個展は、リー・キットにとって今回が初。

現在は台北を活動拠点にするリー・キットだが、アーティスト活動のスタートは中国への返還(1997年)を経て変貌していく故郷・香港だった。

初期作品のうち、布に絵具で格子柄などを描いた絵画シリーズは、色と柄のある“抽象”絵画でもあれば、日用品としての機能をもった布(=テーブルクロスやカーテン等)という姿・形を備えた“具象”であるともいえ、絵画の概念を広げる革新的な作品群だった。
そして2013年、ヴェネチアビエンナーレ香港館の屋内外に展開した自在なインスタレーションは、ウォール ストリート ジャーナル紙が「必見の展示ベスト5」に挙げるなど、国際的な注目を集めてきた。

近年は、絵画やドローイング、プロジェクターの光や映像、さらには家具や日用品等を配置し、展示空間全体を淡い色調の絵画のように仕上げたインスタレーションに力を入れ、欧米アジア各地で発表を続けている。独特の歴史的背景を持って揺れ動く街・香港を出自とするリー・キットは、アートという開かれた表現を通して自身のあり方を問い、自分が今を生きる世界と向かい合おうとしている。

展覧会を開催する場合、その街、その場所の空気や感情に静かに寄り添い、サイトスペシフィックな作品(=特定の場所に存在するために制作すること)を創り上げるのもリー・キットが持つ大きな特徴。近年の東京での個展(資生堂ギャラリー、シュウゴアーツ)で発表した作品も、東京の空気や人々から感じ取ったものが根底にある。
したがって、元は原家の私邸であり、第二次世界大戦を乗り越え、GHQから返還された後に美術館として40年の時を経ようとしている原美術館は、リーにとってこれ以上ない時空間。リーがここで何を感じ、どのような“絵画”を描くのか、日本初の個展はリーの魅力が遺憾なく発揮される機会となる。

【イベント情報】
リー・キット個展「僕らはもっと繊細だった。」
会期:9月16日~12月24日
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
時間:11:00~17:00(祝日を除き水曜日は20時まで / 入館は閉館時刻30分前まで)
料金:一般1,100円、大高生700円、小中生500円、原美術館メンバーは無料 ※学期中の土曜日は小中高生の入館無料 / 20名以上の団体は一人100円引
休館日:月曜(祝日は開館)、9月18日、9月25日、10月9日

ⓒLee Kit, courtesy the artist and ShugoArts
[元記事:アジアの注目アーティスト、リー・キットが日本の美術館初の個展を原美術館で開催! 新作インスタ レーションを発表]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. AcnePaper-1 「アクネ ペーパー」17号がローンチ。架空の人物「アティカス」の…
  2. pumpkin-1 ベネッセアートサイト直島が、草間彌生「南瓜」の作品展示を再開。…
  3. fenditsunagu-7 「フェンディ」が、TSUNAGU – 表参道 ストリート アート…
  4. toranomoncl-1 「チームラボ」が、お台場から虎ノ門へ移転。コンセプトを後継、より…
  5. tamurasatoru-1 タムラサトル個展「ワニがまわる理由(ワケ)は聞かないでほしい…
  6. asseenby-main リモワの世界巡回展「アズ シーン バイ」 東京での開催が決定。ダ…
  7. mujipro-1 アトリエ ムジ ギンザ「リサーチ! プロセスを魅せるデザイン」展…
  8. jps-main 「ジャック・ピアソン × スティーロ 」コラボTシャツが登場。ワ…

新着記事

  1. apcgolf-1
  2. andb-main
  3. lvkusama-1
  4. franschocolates-xmas22
  5. njt-1

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP