TOPICS

星野リゾート「星のや東京」が東京・大手町に開業、進化した”次代の日本旅館”が誕生



星野リゾートの日本旅館「星のや東京」が東京・大手町に、7月20日開業。オフィス街、東京メトロ大手町駅徒歩2分の立地となる、すでにメディアで注目されていた同社の新プロジェクトがついに幕を開けた。

コンセプトは、”塔の日本旅館”。旅館をイメージする”庭と平屋木造”という伝統的な仕様ではなく、地下2階・地上17階の縦の空間に日本旅館の要素を組み込んだ、次代の日本旅館が誕生した。館内は、極めて私的な空間だった日本旅館”らしさ”を感じてもらうべく、伝統的な和のしきたりを踏襲。玄関では靴を脱ぎ、裸足のままであがる仕組みに。館内はほぼ畳でつながり、来館客は、イグサの香りと畳表の感触を直接感じることができる。

客室は畳の間、竹素材のクローゼットなど自然の素材に包まれており、部屋を彩る灯りには、行灯をイメージした江戸小紋の矢羽根柄スタンドライトを用いた。また、染色作家・斉藤上太郎氏によるデザインの着物を着心地が良いジャージ素材で開発。館内の移動だけでなく大手町、皇居、神田などの散歩や、ちょっとした買い物にも利用できるという。

hoshinoyatokyo02.jpg
hoshinoyatokyo03.jpg

17階の浴場には地下1500メートルからくみ上げた温泉を使った露天風呂を設置。さらに各階にあるセミプライベートなスペース「お茶の間ラウンジ」は、客室の居間として、畳続きの客室から自由に行き来できるくつろぎの空間。起きがけには、優しい味噌の香りと共に、おみおつけとおむすびを。昼間には甘味とお茶。日暮れには季節に合わせたお酒といったように、四季折々、時間に合わせた寛ぎを提供。日本独自のおもてなしで、外国人観光客に対応する。

hoshinoyatokyo04.jpg
hoshinoyatokyo05.jpg

星のやは、2005年の星のや軽井沢を皮切りに、星のや京都、星のや竹富島、星のや富士を開業。今回の「星のや東京」は、ブランド5軒目となる。今後は初の海外施設として、インドネシア・バリの「星のやバリ」をこの夏に開業予定だ。

星野リゾートの星野代表は、 「世界でも珍しい、土地の文化を反映した宿泊施設”日本旅館”。しかし、日本が近代化する過程で勢いを失い、進化を止めていました。利便性をもとめる現代の旅行者にあった西洋型ビジネスホテルが進化を続ける一方で、日本旅館は形式にこだわるばかりに、現代の旅行者の変化に十分に対応して来なかったのです。」と振り返る。

「今、私たちは日本旅館を再び進化させて行きたいと考えています。私たちは”日本旅館”をホテルのひとつのスタイルとして位置付け、得意とするもてなしの技に加え、機能性や利便性においても西洋型のホテルに負けない宿泊施設に変えて行きたい、必ず日本旅館が海外の大都市に出て行くチャンスがあるはずだと思っています。”日本に来たから日本旅館”なのではなく、”快適でサービスが素晴らしいから日本旅館に泊まる”という市場を創造していきたいのです。ニューヨークの道路に日本車が走り、パリの街角に寿司屋があるように、大都市に世界を魅了する実力を持つ”日本旅館”がある時代を創っていきたいという夢を持って歩み続けます。」と開業にかける思いをコメントした。

進化した日本旅館という都会の新リゾートは、外国人をはじめとする観光客のみならず、日本人であるなら一度は宿泊してみたい、東京はもちろん、日本の新たなランドマークとなるに違いない。

星のや東京|HOSHINOYA Tokyo
住所:東京都千代田区大手町一丁目9番1
客室:全84室 部屋タイプは3種 菊(約80㎡)桜(約50㎡)百合(約50㎡)
付帯施設:温泉、メインダイニング、スパ、講堂(カンファレンス)
利用時間:チェックイン 15:00、チェックアウト 12:00
料金:1室78,000円~(税・サービス料10%込・食事別)
予約電話:0570-073-066
公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. michelintokyo2017 「ミシュランガイド東京 2017」発表。12月1日まで全掲載店を…
  2. bnbtkyoto1 京都・祇園に泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」…
  3. ACE HOTEL×エンダースキーマのコラボスリッパ ACE HOTEL × エンダースキーマのコラボスリッパが発売。…
  4. yoshikimono X-JAPANのYOSHIKIがプロデュースする着物ブランド「ヨ…
  5. privspoonsclub-mandarin04 「プライベート・スプーンズ・クラブ」が5ッ星ラグジュアリーホテル…
  6. anteroomkyoto01 名和晃平・蜷川実花らによる“365日アートフェア”がコンセプトの…
  7. frau201609 “大人のタイ”バンコクで今すべき6つのコト、雑誌「FRaU」9月…
  8. jayalvarrezsummer01 “FEEL-GOOD”な世界リゾート旅行気分を味わう、美男美女モ…

新着記事

  1. vintagemeet6
  2. guerlain-shalimar
  3. beams-xmas2016
  4. adidas-minirodini
  5. sentakuhyouji

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP