LIFESTYLE

亀屋万年堂と自由が丘ベイクショップがコラボした「亀屋のあんぱん」、1日200個限定で発売。



kameyanoanpan

老舗和菓子店「亀屋万年堂」とベーカリーショップ「自由が丘ベイクショップ」がコラボレーションした新商品「亀屋のあんぱん」が登場。

自由が丘ベイクショップは、イデーショップ(IDEE SHOP)自由が丘の4Fにある人気ベーカリー。そのパン職人が一つ一つ生地から作り、焼き上げるパンに、亀屋万年堂の創業当初から変わらない、あんこを使っている。

kameyanoanpan2

こだわりは、その製法。あんこという和菓子の伝統と、世界各国で昔から愛されるシナモンロールの伝統的な編み方を組み合わせることによって、どこを食べてもあんこを堪能できる。また、使用する北海道産小豆は、定期的に北海道の生産者を訪れ、小豆作りにかける想いとともに栽培方法や特長などの話を訊く徹底っぷり。小豆の他にも、青えんどう、手亡豆、金時豆、ひよこ豆、赤えんどうといった6種類の豆を使用することで、それぞれの豆の風味を楽しめるという。

kameyanoanpan3

「亀屋のあんぱん」5個入り 1,500 円、1個 300円(共に税込)

 

本商品は、焼き立てを提供したいとの思いから、亀屋万年堂 自由が丘駅前店で1日200個限定で販売。価格は、税込で1個300円。ちょっとした、手みやげに喜ばれそうな逸品だ。

亀屋万年堂 自由が丘駅前店

  • 住所:東京都目黒区自由が丘2-11-5
  • 営業時間:9:00~20:00 ※売り切れ次第、販売終了
  • 公式サイト

関連記事

  1. theupper-4 トランジットのフラッグシップレストラン「アッパー」が本格始動…
  2. gomato16 ごま油の「かどや製油」による初のカフェ「ゴマト(goma to)…
  3. dancyusyokudo-1 雑誌「dancyu」初プロデュースの食堂が、東京駅内にオープン。…
  4. ptl-1 ハワイ発モダンベトナムレストラン「ザ ピッグ アンド サ…
  5. kate-main 「ル・パン・コティディアン」からプレミアムオーガニック食パン…
  6. fas-main ヴィーガンフルーツサンド専門店「フルーツアンドシーズン」から冬限…
  7. mealkit-1 「チリンギート エスクリバ」から自宅で本格的なパエリアが味わえる…
  8. curryfeskichijoji-2 東京・吉祥寺で、「吉祥寺カレーフェスティバル・ワールドビアフェス…

新着記事

  1. am22aw-3
  2. sm22aw-3
  3. cinque-4
  4. dentalf-2
  5. lelaboparco-1

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP